PMOサービス

PMOが設立されていない、または十分な役割を果たせていない場合、プロジェクトごとにまったく異なる方法で管理され、担当者は自分以外の状況を把握できないケースが散見されます。それを解決するには、まずはプロジェクトを遂行・管理する技能を1ヶ所に集約し、一貫性のある標準化されたプロセスを導入します。その上で、統一されたツール・プロセスを用い、プロジェクトが管理・遂行されるようにします。  
【具体的な標準化】
システムの企画から運用・保守のフェーズまでをいくつかのプロセスにわけ、タスクの洗い出し方法・役割分担・成果物を規定する「システム管理基準」があります。 これにより、「各プロジェクトが現在どのプロセスであり、どのタスクがクリアできないのか」を明確になります。 もうひとつに、進捗管理、課題管理、リスク管理など、プロジェクトの主要な管理項目の管理手法・成果を規定する「プロジェクト管理基準」などがあります。  
【プロジェクト運営支援】
プロジェクトの運営基準が整備されたら、各プロジェクトがこの基準に基づいて進行できるように支援し、円滑に進んでいるかモニタリングして問題に対応します。 また、同時に全プロジェクトを俯瞰して全体最適化を図ります。 PMOにリソース配置に関する権限を持たせて、生産性を向上させたり、優先順位の高いプロジェクトに最良のスタッフを割り当てて専念させたり、逆に、費用対効果の悪いプロジェクトを中止したり、延期・縮小したりする際に必要となる情報を可視化する支援も行います。  
【クライアント社員へのノウハウ移転】
コンサルタントがこの先ずっと常駐するわけにはいきませんし、クライアント社員だけでPMOの役割を果たせるような体制を構築しなければなりません。 クライアント先のチームメンバーと日々仕事をしながら、ノウハウを伝えることはもちろん、トレーニングを企画し実行します。